笑いをとる方法、笑いをとるコツ

わざと言い間違えることで笑わせる技術

スポンサーリンク

笑わせる技術といっても様々ですが、そのひとつとしてはわざと言い間違えるというものがあります。

 

意識せずに言い間違いをしたことで、意図せず周りから大爆笑をされた経験があるという人もいるのではないでしょうか。

 

これをわざとやることによって笑わせる技術なのです。


言い間違えるといってもいろいろありますが、響きの近い言葉というのは間違いやすいので、これを利用するという選択肢があります。

 

これはあくまでも例ですが「マティーニ」と「マタニティ」を言い間違えるような感じです。

スポンサーリンク

それから、わざとカタカナの「カ」を漢字の「ちから」と読む言い間違いの手法もあるでしょう。

 

わざと間違える場合は探すのに苦労するかもしれませんが、笑わせる技術として身に付けたい人は頑張ってみつけてみましょう。

 

これらの他には音読みする漢字を訓読みにしてみることによって言葉の雰囲気が変わる場合もあります。

 

いろいろと試してみて面白い言い間違いを見つけるのはけっこう楽しい作業でしょう。


ただ、せっかく見つけることができたとしても、それが笑える言い間違いなのかどうかは使ってみないとわかりません。

 

場合によっては普通に指摘されて終わりなんていうこともありますので、注意が必要です。

 

また、意図せず間違える場合と違って、スベッたときのショックは大きいかもしれませんが、上手くいくとやはり気持ちがいいものです。

 

それから、もし笑いにならなかった場合に辛すぎるようなら、自分で訂正しておくといいかもしれません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加