笑いをとる方法、笑いをとるコツ

自分が笑うことと笑わせる技術の関係

スポンサーリンク

笑い自体を笑わせる技術として利用できることをご存知でしょうか。

 

これは誰でも取り入れやすい方法ですので、人を上手く笑わせられずに困っているという人は実践してみましょう。


やることは極めてシンプルなのですが、人から笑いを取るためには自分がまず笑うという笑わせる技術があるのです。

 

人が笑っている姿を見たり、笑い声を聞いたりして、自分も釣られて笑ってしまったという経験がある人は多いのでしょうか。

 

この状況を自分が作り出すことによって、笑いが取りやすくなるのです。

 

笑いというのは人から人へと伝わっていく性質がありますので、同じことをやっていても笑いやすさはだいぶ違ってくるのです。

スポンサーリンク

極端な話、ひたすら爆笑し続けているだけでも、他の人が思わず笑ってしまうということもあるのです。

 

それだけ自分が笑うということは笑わせる技術として効果的なのです。

 

よくテレビ番組でもスタッフが笑っていますが、これも視聴者の笑いに繋がるという意図が多少なりとも込められているといわれているのです。


たとえば他の人と会話する場合、会話の相手の話にもどんどん笑顔で応じたり、笑ったりすると良いでしょう。

 

そうすることによって、自分が話をする側にまわったときに相手も笑ってくれやすくなります。

 

逆に自分が笑っていないと相手も笑いにくくなってしまいますので、コミュニケーションで笑いが欲しいという人はこの自分がまず笑うという方法を積極的に利用していくと良いでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加