笑いをとる方法、笑いをとるコツ

ウケる状況を作る笑わせる技術

スポンサーリンク

笑いというのは状況次第でハードルの高さが変わってきます。

 

そのため、なるべくハードルが低い状況のほうが、やはり笑いが生まれやすくなるのです。

 

このハードルを下げる笑わせる技術というのがありますので、紹介していきます。


まず、笑わせたい人の期待度を高くしないことが笑わせる技術として必要になります。

 

何か面白いことをする、話すと自らいうと、笑いを取るためのハードルが高くなるので、これは笑わせる技術としては良くありません。

 

何も自分のすることや話すことに期待されていない状況のほうが、笑いやすいのです。

スポンサーリンク

けっこう普通にやってしまっているのが「このあいだ凄い笑ったことがある」「今から面白いことをやる」という前置きをするということです。

 

これでは相手が過度に期待するため、最後まで話を聞いたりやったりしたことを見ても笑ってくれないことが多いのです。

 

笑わせる技術としてこれは絶対にやってはいけないことと認識しておいたほうがいいでしょう。


もしハードルの低い状況を作りたいということでしたら、以上のようなことをしなければいいのです。

 

これだけでも狙って笑いを取りにいっているような印象を相手が受けませんし、特に笑わせてくれるのかと期待されることもありません。

 

このような状況なら、もし笑いが生まれなかったとしても自分が傷付かずに済むというメリットがあります。

 

逆に人から何か話したりやったりしてほしいとお願いされた場合、断らないのでしたら「面白いかどうかはわからない」「話したり、やったりしたことがない」とハードルを下げる一言を入れておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加