笑いをとる方法、笑いをとるコツ

ソフトなツッコミで笑わせる技術

スポンサーリンク

笑わせる技術としてツッコミを習得したいという人は、注意しなくてはいけないことがあります。

 

それは、あくまでも素人であるということです。

 

ツッコミというと「なんでやねん!」というイメージがありますが、こういうツッコミばかりしてはいけないのです。


日常生活の中で上手く突っ込みたいという場合には、意図的にボケている人ばかりではないということに配慮が必要です。

 

自分がボケているということを自分でわかっていない人の場合、いきなり「なんでやねん!」なんて突っ込むとビックリしてしまいます。

 

ボケを相手が自覚している場合は「なんでやねん!」で成立して周りも笑うかもしれませんが、自覚していない人に強めのツッコミは有効といえないでしょう。

スポンサーリンク

なので、ボケていることを自分でわかっていない人の場合は、ソフトにツッコミをしなくてはいけません。

 

ソフトに突っ込むという意味がわからないという人もいるかもしれませんが、そんなに難しいことではありません。

 

おかしいことをダイレクトに指摘するという方法でもないので、自然な形で突っ込んでいるという笑わせる技術なのです。


まず、相手が何かおかしなことをいったとしたら、ひとまずそのことに自分が笑ってみるといいでしょう。

 

そして笑いながらいっていることを疑問系でリピートしてあげると、ボケていることを自覚していない人を傷付けることなく笑いを取ることができるでしょう。

 

いわゆる天然ボケの人に対してこの方法は有効ですので、上手くソフトに突っ込むことができるように笑わせる技術を磨きましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加