笑いをとる方法、笑いをとるコツ

下ネタで笑わせる技術

スポンサーリンク

下ネタを使用して笑わせる技術がありますが、これは意外と使い方が難しいものなのです。

 

いくつか下ネタを使って笑いを取る際の注意点を挙げていきますので、参考にしてみてください。


まず、注意したいのは下ネタの内容です。

 

自分では面白いと思っていても、自分以外が面白いと感じられるラインというのがあるのです。

 

あまりにもリアルな内容を話すと大抵は引かれてしまいますので、注意が必要です。

 

あと、性的な話になると話す内容のジャンルの問題も出てきます。

 

一部の人にしか受け入れられていないような過激なジャンルの話はしないに越したことはないでしょう。

 

品のない人に思われるだけでなく、相当に変わっている人だと思われてしまう危険性すらあります。

スポンサーリンク

あとは下ネタを話すタイミングも笑わせる技術としては非常に重要です。

 

絶対に話してはいけないのは食事をしているときです。

 

気持ち悪くなっておいしい食事が台無しになってしまいますので、食事中は慎みましょう。


下ネタで無難に笑いを取りたいという場合には、自分の経験を話すのが一番でしょう。

 

なお、この場合には誰かをネタにするとその人の名誉に関わってきますから、自分のことをネタにしたほうがいいでしょう。

 

特に性体験について相手のことをネタにした場合、異性から嫌われてしまうというリスクがあります。

 

あとは笑わせる技術としてストレートな表現は避け、何かにたとえるようにすると下品に聞こえにくいという効果があるでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加