笑いをとる方法、笑いをとるコツ

三段オチで笑わせる技術

スポンサーリンク

笑わせる技術というと、よく聞くのは三段オチです。

 

これがどういうものなのかよくわからないという人もいるのではないでしょうか。

 

ここでは、笑わせる技術の三段オチについて解説していきますので、参考にしてみてください。


これはどういうものなのかというと、一段目と二段目をフリに使って、三段目に落とすという笑わせる技術なのです。

 

フリは一回でいいのではないかと思う人もいるでしょうが、もう一回あったほうが大きな笑いに繋がりやすいといわれているのです。

 

三段オチというとわかりにくいですが、要するにフリ、フリ、ボケるという形のことを意味しているのです。

スポンサーリンク

ここで間違った方法を挙げますが、ネタだけでなくトークでも三段オチの法則というのは重要なのです。

 

いきなりボケの人に話を振って、そのあとにボケない人に話を振ってしまうと、いうまでもなく大した笑いは生まれないのです。

 

一般の人だといきなり面白い人から話を聞きたがりますが、プロの世界ではフリが利いているからこそクオリティの高い笑いが作り出せているのです。


これはお笑いの世界での話であって、日常生活には関係ないと思うかもしれませんが、たとえば合コンでのトークで使うことができるのです。

 

あらかじめボケを担当する人がいるなら、あとの二回分をフリに使ってオチをつけることができるのです。

 

いきなり振ってボケさせるより笑いが起こる確率、笑いの大きさは違ってくるでしょうから、試してみると良いでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加