笑いをとる方法、笑いをとるコツ

お世辞を使った笑わせる技術

スポンサーリンク

特に初対面の人とやりとりするとき、お世辞をいうような場面に遭遇することがあります。

 

このとき、相手の気分を良くすることができたらいいなと思っている人は少なくないでしょう。

 

逆に、普通にお世辞をいうことができているはずなのになぜかいつも相手に不快感を与えてしまうという人もいるのではないでしょうか。


よく失敗している人で多いのは、中途半端なお世辞をいっているというパターンです。

 

何の変哲もないお世辞をいっていると、とりあえずお世辞でもいっておけばいいと相手に伝わってしまい、不快に思われることがあるのです。

 

それではどうすれば相手に好印象を持たれるお世辞をいえるようになるのか、そこが問題になります。

スポンサーリンク

ここで笑わせる技術のことに触れると、全てのケースでそうとはいいきれませんが、なんでも大袈裟なほうがいいのです。

 

なので、お世辞をいう場合もこの笑わせる技術を応用して思いっきり褒めると上手くいくことが多いのです。

 

いずれにせよ相手はお世辞をいっていると受け取るわけですが、大袈裟に褒めると逆に笑いになり、好印象を持たれる可能性があるのです。


ただ、笑わせる技術として大袈裟なほうが好ましいといいましたが、お世辞の場合は注意しなくてはいけないことがあります。

 

あまりオーバーに褒めすぎてしまうとバカにしているのかと思われてしまう可能性があるからです。

 

さじかげんが難しいところではありますが、いつも褒め方が中途半端で相手と親しくなるきっかけを失っているという人は、少しオーバーに褒めてみるといいでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加