笑いをとる方法、笑いをとるコツ

おかしな格好で笑わせる技術

スポンサーリンク

お酒の席で何かすることになったとき、あれこれ悩みたくない人は見た目で笑わせる技術を身に付けておくと良いでしょう。

 

何をするのかというと、被り物などをしておかしな格好になるのです。

 

宴会グッズを取り扱っているようなところなら種類も豊富にありますので、好みのものを選ぶと良いでしょう。


いちいちネタを考える必要がないので、笑わせる技術としては非常に楽な部類に入ります。

 

ハゲかつらや馬のマスクなど、いろいろなものがあります。

 

何かのキャラクターになりきれるようなものまで販売されていますので、選ぶ楽しみもあります。

スポンサーリンク

しかしながら、格好だけ変えても笑いが起こらないことがあるため、少し笑わせる技術を勉強したほうがいいでしょう。

 

とはいえ、難しいことをするわけではありませんので安心してください。

 

格好自体が既におかしく笑いに繋がりやすいため、動きもおかしくすればいいのです。


ただ、どのような格好になるのかによって、マッチする言動というのは違ってきます。

 

これが合わないと笑いをとることができない可能性がありますので、事前に練習して一番笑いが取れそうな動きや喋り方を探っておくといいですね。

 

そうでないといわゆる出オチの状態になってしまうので、笑わせる技術としてこの点にだけは注意しましょう。

 

また、見た目で笑いを取る場合には見慣れてくると飽きてしまい、笑いを取りにくくなりますので、あまり長くいろいろとやるよりは、短い時間でネタを終わらせるようにするのが無難でしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加