笑いをとる方法、笑いをとるコツ

何の変哲もない言葉で笑わせる技術

スポンサーリンク

面白いと思われるためには、面白いと思われる特別なことをいえばいいと認識している人もいるのではないでしょうか。

 

実はこれ、笑わせる技術としては好ましくないケースがあるのです。

 

ある種、普通ではないことをいったとしても笑いが起こらないことは往々にしてあるのです。

 

もちろん、きちんと作られたものであれば、変わった言葉で笑いを取ることはできます。


笑わせる技術として押さえておきたいのは、何の変哲もない言葉で笑いは取れるということです。

 

ですが、ただ喋るのではなく、工夫をしなくてはいけないという条件はあります。

 

たとえば何の変哲もない言葉を適切なタイミングで使うと笑いは起こらないですよね。

スポンサーリンク

ただ、言葉の適切な使い方というのは笑わせる技術としてはじめに知っておくべきなのです。

 

そしてこの正しい言葉の使用方法とズレた使い方をすることによって、笑いに繋がるというわけなのです。

 

たとえばこれは笑えるものではありませんが、朝に「こんばんは」と喋るなどのずらし方をするのです。


面白いことをいおうと思うと、普通の言葉からどんどん離れていってしまい、よくわからないギャグができあがってしまう、結果スベッてしまうという人が少なくありません。

 

ですが、実際には普段よく使っている言葉の中にも、笑いに変えられるものがたくさんあるのです。

 

新しいものを生み出そうと思うと難しいですが、既存の何の変哲もない言葉をズラすなら、比較的やりやすいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加