笑いをとる方法、笑いをとるコツ

笑わせる技術の無茶ブリは使い方で化ける

スポンサーリンク

人に「何か面白いことをやって」などいう無茶ブリは、笑わせる技術のフリとしては良くありません。

 

自分の身に置き換えると何をやればいいのかわからないですし、大抵こういう乱暴なフリだとスベるため、他の人にやってはいけないというのはよくわかるはずです。


この無茶ブリをする人は実際のところけっこういるのですが、自分がやった場合にはどうなるのでしょうか。

 

一概にはいえませんが、高確率で嫌われてしまうでしょう。

 

人の気持ちや空気を読み取ることができない人というイメージが確立されてしまいます。

スポンサーリンク

しかしながら、親しくてなおかつツッコミ気質の人が相手なら、無茶ブリを笑わせる技術として使うことができます。

 

相手のツッコミを上手く引き出すような無茶ブリをすれば、笑いに繋がる可能性があるわけです。

 

なお、無茶ブリで嫌がられるのは、頑張ればできそうで、誰もがやりたがるわけではないことをやらせようとするからなのです。

 

ですから、あり得ない、絶対にできないようなことをフリに使うといいのです。

 

そうするとはっきりとできないというツッコミが返ってきますので、そのやりとりで笑いを生むことができるのです。


ただ、これもあまりしつこいなど反感を買われる可能性がありますので、ほどほどにしておきましょう。

 

あとは先述したとおり、誰にでも使える笑わせる技術ではありませんので、無茶ブリをする相手にはくれぐれも注意したいところです。

 

ついつい人に無茶ブリをする癖があるという人は、この笑わせる技術を取り入れると嫌われずに済むかもしれませんね。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加