笑いをとる方法、笑いをとるコツ

身内ネタ・あるあるネタの笑わせる技術

スポンサーリンク

単順に笑わせる技術といってもいろいろなものがありますが、笑いをとりたいのでしたら使えるものはなんでも使っていきたいですよね。

 

ですが、プロのような笑わせる技術というのはいきなり身に付けられるものではありません。

 

簡単にできることからやっていくようにしましょう。

 

比較的楽に利用できるのはいわゆる身内ネタやあるあるネタです。


まず身内ネタですけど、これは学校や職場の人を話題にするネタですね。

 

学校の仲間や職場の同僚のチョットした失敗なんかを題材に話をすると笑いが起こりやすいです。

 

ただ、事前にいわれる本人に話はしておいたほうがいいですね。

 

そうしないと、ネタにされたほうは気分を害してしまうかもしれませんし、身内で孤立した存在になってしまう恐れもあります。

 

特に上司など目上の人をネタにする場合には注意しましょう。

スポンサーリンク

もうひとつの笑わせる技術のあるあるネタですが、これは人に共感してもらえるようなことを話す方法です。

 

学校あるある、会社あるあるを使って、笑いを取りましょう。

 

よほどのことがない限り、思い切りスベるということになりにくいので、使いやすい方法といえるでしょう。


どちらも初心者レベルの人でもやりやすいテクニックなので、飲み会の席なんかで何かすることになったらチャレンジしてみるといいですね。

 

日頃から人を観察するなどしておくとネタを作りやすいので、学校や会社、そして仲間や同僚に対して興味を持っておくようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加