笑いをとる方法、笑いをとるコツ

間を上手く取る笑わせる技術

スポンサーリンク

笑わせる技術というと、とにかく面白い話をすればいいと認識している人もいるのではないでしょうか。

 

ですが、これは必ずしもそうとは限らないということに注意しなくてはいけません。

 

実際、自分が経験した面白い話をひたすら友人に話し続けたものの、自分だけおかしくて、聞いていた友人は全く笑っていなかったという経験がある人もいるのではないでしょうか。


また、たとえばプロのお笑い芸人がバラエティ番組に出演した際、トークで笑いを取ったエピソードなんかを、試しに誰かにそのまま話してみてください。

 

同じ内容のことをいっているのに、笑いを取れないということがあるのです。

 

もし笑いを取ることができなかった場合、それはお笑い芸人が笑わせる技術を持っていたために起こった笑いなのです。

スポンサーリンク

ではお笑い芸人と自分の違いはどこにあるのか、考えられることとしては間の取り方を挙げることができます。

 

絶妙な間で話をすることができているからこそ、ちょうどいいところで笑いが起きているのです。

 

なので、淡々とエピソードを語ったところで、笑いを取るのは難しいのです。


このことから、間の取り方が上手くなるというのも笑わせる技術向上のためには必要になってきます。

 

絶妙な間で笑いを取るためには、ある程度空気を読む能力も求められるでしょう。

 

これは何度も実践することで慣れていくしかありませんが、ある意味間の取り方が向上すると、大して面白くない話でも笑いを取ることができるようになります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加