笑いをとる方法、笑いをとるコツ

言葉の受け止め方で笑わせる技術

スポンサーリンク

普段暮らしていると、誰かにあまり気持ちがいいとは思えないことをいわれることがあります。

 

相手は軽くいじる程度でいっているのか、嫌味でいっているのかわかりませんが、誰かに何かをいわれたことで嫌な気持ちをした経験がある人は少なくないでしょう。


しかし、誰かに嫌なことをいわれた場合には、自分の笑わせる技術として活かすことができるのです。

 

言葉の受け止め方ひとつで周りから持たれる自分の印象が変わるかもしれないとしたら、嬉しいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

嫌なことをいわれたときにオイシイと思えるのが笑わせる技術としてベストなのですが、不快に思ったとしてもそのあとの切り返し次第で相手や周りが受ける印象が変わるのです。

 

人に嫌なことをいわれたときにはネガティブな切り返しになってしまいがちですが、無理をしてでもポジティブな切り返しをすれば笑いに変わる可能性があるのです。

 

少し自虐的な方法ともいえますが、相手が自分のことを悪くいったらそれを笑いのネタとして利用してしまえばいいというわけなのです。


もちろん、あまりにもひどいことをいわれたときまでポジティブな切り返しをしなくても良いでしょう。

 

しかしながら、ちょっといじられたくらいの内容だったら、オイシイと受け止めてポジティブに切り返せば笑いが生まれるのです。

 

悪いことをいわれているのに「あの人は面白い」という見方をされるようになるので、笑わせる技術として有効な手法なのです。

 

また、悪意を持っていってくる人はこちらが気分を害していることで気持ち良くなっているかもしれないので、笑顔で切り返されると期待が裏切られてつまらないと思い、以降はいわなくなるという効果も期待できるでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加