笑いをとる方法、笑いをとるコツ

言葉以外で笑わせる技術

スポンサーリンク

笑わせる技術を高めたい、面白いといわれる人になりたいという人は多いでしょう。

 

しかし、このようなことを希望している人の中には、面白いことだけをいえばいいと思っている人もいるのではないでしょうか。

 

面白いことを喋るというのはもちろん大事なのですが、言葉以外を使うことが笑わせる技術アップに欠かせないのです。


では実際に何をすればいいのかというと、たとえばある話題を違った口調やテンポで喋ってみてください。

 

だいぶ雰囲気が違っていることに気が付くことでしょう。

 

どのような喋り方をするのかによって、面白さの度合いには大きな影響があるというわけなのです。

スポンサーリンク

それから、喋る際には口だけを動かしていないでしょうか。

 

これに身振り手振りを付け加えたり、感情が顔に出たりするように変えてみましょう。

 

さらに話の雰囲気は違ってくることでしょう。

 

自分だけでは違いがイマイチよくわからないという人は、他の人に見てもらうといいでしょう。

 

ほとんどの人は言葉以外の表現も取り入れたほうが面白いというはずです。


ただ淡々と喋るのではなく、声のトーンを変えたり体の動きをつけたりすることによって、簡単にいうと相手に面白さが伝わりやすくなるのです。

 

誰かと話をしていて笑いを取る以外の場面でも役立ちますので、笑わせる技術としてだけでなくコミュニケーションスキルを高めたいという人は参考にし、実践してみると良いでしょう。

 

はじめは必死に喋っているようで恥ずかしいと思うかもしれませんが、何度もやっていれば気にならなくなるはずです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加