笑いをとる方法、笑いをとるコツ

コケて笑わせる技術

スポンサーリンク

プロのお笑い芸人になりたいということは思っていなくても、面白い人だと思われたいという人は少なくないでしょう。

 

面白い人は人気者になれますから、その気持ちはよく理解できます。

 

ですが、そのためには笑わせる技術に磨きをかけなくてはいけません。


面白い人と思われるためには、いろいろな笑わせる技術を身に付けておくと良いでしょう。

 

お酒の席などで何か披露することになった際、覚えておくと便利なのがコケるという笑わせる技術です。

 

お笑いが好きな人ならコケ芸をよく目にしているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

コケるといっても本当に転倒するのではありません。

 

たとえば、何かにつまずいてしまったような動きをするだけでいいのです。

 

コケるタイミングは複数ありますけど、誰かがボケたあとにコケると笑いに繋がりやすくなります。

 

ギャグをやる人やボケをいう人がスカシをしたときも、コケるのは有効な笑わせる技術といえるでしょう。


また、一般の人の場合はお酒の席なんかでネタを披露する場合、やることやいうことを忘れてしまう人がいます。

 

2人以上でやるときに頭が真っ白になってしまった人がいたら、コケることでフォローしてあげるというのもいいでしょう。

 

そのあと失敗してしまった場合にどうするか決めておいたことをやれば、ミスを笑いに変えられるのではないでしょうか。

 

コケるテクニックは誰かがスベッたときにも使えますので、身に付けておくといろいろな場面で活躍してくれることでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加