笑いをとる方法、笑いをとるコツ

子供を笑わせる技術

スポンサーリンク

コミュニケーションは大人とだけとるわけではないため、場合によっては小さい子供とやりとりしなくてはいけないことがあります。

 

子供相手にするとき、喜ばせてあげたいと思うので何か面白いことを試みるという人もいるでしょうけど、いつもスベッているという人もいるのではないでしょうか。

 

ここでは、子供を笑わせるためのポイントを紹介します。


まず、子供から笑いをとるためには、笑わせる技術に頼るというより、懸命になることが大事です。

 

小手先の笑わせる技術を試してみると、案外子供が笑ってくれないことに気が付くはずです。

 

演技をしているとバレるとスベッてしまいますので、一所懸命になることがまず大事なのです。

スポンサーリンク

一所懸命に馬鹿なことをすると、子供は笑ってくれるというわけなのです。

 

特に子供は大人が失敗することに敏感なので、ドジを踏むようなことを本気でやれば笑いを取りやすくなるでしょう。

 

また、当然のことながらトークで笑わせるのは子供が小さいほど難しくなるのでやめておきましょう。

 

スタイリッシュな笑わせる技術を駆使するよりも、子供向けにわかりやすいことをしたほうが当然ながら伝わりやすいというわけなのです。


もし子供の前で何かやることになったら、おかしな格好や動きをしたほうが笑いを取りやすいでしょう。

 

もちろん、このときにも本気でやらないと子供の冷ややかな視線が突き刺さることになります。

 

本気で変なことをすると子供も本気で笑ってくれるはずですので、恥ずかしいという気持ちを捨てて子供と向き合うようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加