笑いをとる方法、笑いをとるコツ

簡単なモノマネで笑わせる技術

スポンサーリンク

特に飲み会の席でありがちなことなのですが、突然何かやれといわれることがあります。

 

このとき、笑わせる技術のある人ならひと笑い作ることができますが、そうでない人にとっては地獄です。

 

なんとか回避することができる場合もありますが、どうしてもやらなくてはいけないとなると最悪です。


なので、何かひとつくらいはネタを用意しておいたほうがいいのですが、楽なのはお笑い芸人のネタを真似することです。

 

あとは芸能人の声マネができるという人はやると、笑いをとることができるでしょう。

 

ただ、これはけっこう笑わせる技術がないとできないというのがネックです。

スポンサーリンク

特にこういうことができないという人は、何も人のモノマネをする必要はありません。

 

動物のモノマネをするという方法なら笑わせる技術としては難易度が低くなるためおすすめです。

 

それも難しいという場合には、その辺にあるもののモノマネをするといいでしょう。

 

あとけっこういいのはエアギターやエアドラムなどをやるというものですね。

 

宴会場なんかだとカラオケがありますので、無茶ブリをされたときにはやってみるといいでしょう。


このように、ずば抜けた笑わせる技術がなくてもできることはあるのです。

 

いつ何かしてほしいといわれてもいいように、何かひとつすぐにできるものを用意しておきたいところです。

 

これがあるかないかだけで、飲み会の席などに参加する際の気分も変わってくるでしょう。

 

少なくとも「また何かやらされる」と思って重い気持ちになることはなくなるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加