笑いをとる方法、笑いをとるコツ

会話の相手を活かした笑わせる技術

スポンサーリンク

一般の人の中にも面白くなりたいと思っている人は少なくないでしょう。

 

特にお笑い芸人のような笑わせる技術を身に付けたいという人は多いですが、ボケとツッコミがあるという点には注意が必要です。


一般の人が笑わせる技術を高めたいと思う場合は、どちらかというとツッコミで笑わせる技術を身に付けたほうがいいでしょう。

 

というのも、ボケの場合は仮に面白いボケができた場合でも、話し相手がきれいに突っ込んでくれるとは限らないからです。

 

ギャグで笑わせる技術を身に付けたいということでしたらいいのですが、漫才のようなやりとりに憧れているなら、ボケの場合はツッコミの人が必要になるので、あまりおすすめできません。

スポンサーリンク

また、ツッコミのほうがいいという理由は他にもあります。

 

ツッコミの場合はボケに突っ込むというテクニックだけでなく、相手の話を上手く拾うテクニックや話を振るテクニックも求められるのです。

 

つまり、ツッコミの技術を磨くことでその場を仕切るスキルが身に付くということになるわけです。


笑いを取るというだけでなく、ツッコミの上手く話を拾ったり振ったりするテクニックはコミュニケーションスキルの向上に繋がります。

 

ボケて笑わせる技術より日常生活に役立てられる要素が多い分、これから面白いことができるようになりたいという人にはツッコミの技術を身に付けることがおすすめなのです。

 

一発ギャグのように自分だけでスベッてしまうリスクというのも大きくはないので、取り入れやすいでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加