笑いをとる方法、笑いをとるコツ

自虐ネタで笑わせる技術

スポンサーリンク

笑いをとろうとするときには、他の人のことをいって笑わせる技術を使う人が多くいます。

 

しかしながら、プロのお笑い芸人の場合はイジられることでオイシイと感じますが、一般の人の場合には勝手が違ってきてしまいます。

 

そのため、プロのお笑い芸人でない人が他人をイジるのが好ましくないことも多々あるのです。


プロのお笑い芸人でも、たとえば大物俳優なんかはイジりにくいものです。

 

これと同様に会社ならたとえば上司をイジるようなことをした場合、気分を害してしまい、自分の評価を下げることに繋がる恐れがあるのです。

 

特に無礼講といわれるような場面では注意が必要で、日頃からよほど信頼関係を築けていないようなら、イジらないのが無難でしょう。

 

また、親しき仲にも礼儀ありといって、仲のいい友人をイジッてしまったために、嫌われてしまうということもあるのです。

スポンサーリンク

そのため、他人を使用した笑わせる技術というのは、一般の人が使うにはけっこうハイリスクなのです。

 

それよりなら、自虐ネタを使ったほうがいいでしょう。

 

自虐ネタなら自分は多少傷付くことはあるかもしれませんが、他の人が傷付くことはありません。

 

周りの人が引くような自虐ネタは良くありませんが、チョットした失敗談くらいなら笑いを取りやすいでしょう。


また、自虐ネタは周囲との壁を取り払う効果も期待できます。

 

少しくらいの失敗は誰でもしているものなので、弱い部分を見せると相手の警戒心が薄れることが多いのです。

 

笑わせる技術としてだけでなく、人と親しくなるための方法としても、自虐ネタは利用できるでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加