笑いをとる方法、笑いをとるコツ

人を不快にさせない笑わせる技術

スポンサーリンク

笑いを取ろうと必死になると、人を不快にさせてしまうことがあります。

 

その場では笑いを取ることができたとしても、誰かが不快になるというのは笑わせる技術としては好ましくありません。

 

どのような場合に人を不快にさせてしまうのか、笑わせる技術を磨きたいと思っている人は見ておきましょう。


けっこうな数の人がやってしまいがちなのが、誰かを馬鹿にすることで笑いを取る方法です。

 

周りは笑いに包まれるかもしれませんが、その場に本人がいた場合、あとから人に聞かされた場合、馬鹿にされた本人は不快に感じてしまいます。

スポンサーリンク

ここで多くの人が勘違いしがちなのは、決していわれた人がオイシイと思っていないということです。

 

お笑い芸人の笑いの取り方を参考にしているといわれたほうはオイシイと認識してしまいがちなのですが、多くの場合悪くいわれるのは一般の素人なのです。

 

笑いを飯の種にしている芸人なら自分で笑いが起こったことをプラスと捉えるでしょうが、普通の人はショックを受けたり、腹を立てたりすることのほうが多いのです。


これだけでも笑わせる技術としてはいけないものだということはわかるでしょうが、他にも良くない理由があります。

 

人のことを悪くいうわけですから、いわれた本人や周囲からの評価が下がってしまうリスクがあるのです。

 

周りの人たちも笑って、いわれた本人も笑って一件落着という場合はいいのですが、全く逆のことが起こり得るということを頭に入れておかなくてはいけません。

 

以上のことから、なるべく周囲の誰かをネタにすることなく笑わせる技術を高めていきましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加