笑いをとる方法、笑いをとるコツ

人の感覚を上手く使った笑わせる技術

スポンサーリンク

何か話をしたときに面白いと感じてもらうためには、笑わせる技術として感覚を利用できるようにならなくてはいけません。

 

できるだけそのときの状況がわかるように詳しく話をすると、相手もそのときと同じような感覚で話を聞くことができるのです。

 

その結果、自分が感じたときと同じような面白さが相手に伝わるというわけです。


これは話に臨場感を持たせるという笑わせる技術なのですが、たとえば人物ひとつ話すときでも細かい特徴を話すと相手がイメージしやすいのです。

 

恐怖を感じてほしいときには恐怖感を煽るような人物の情報を話すといいでしょう。笑いを取りたい場合には、できるだけおもしろ要素を盛り込んだ人物の情報を話すといいでしょう。

 

なお、これが上手くできると聞き手の視覚に訴えかけることができます。

スポンサーリンク

また、聴覚に訴えかけることもできると、より話には臨場感が生まれるようになるでしょう。

 

一番わかりやすいのは擬音なのですが、話の中に相手がイメージできる擬音を盛り込むことによって、よりそのときの状況を把握できるようになります。

 

なお、擬音が面白いとよりたくさんの笑いをとることができますので、擬音を使った笑わせる技術も磨くといいですね。


他にも臨場感を出す感覚というのは体に訴えかける体感覚があるのですが、これらを話しに盛り込むと伝えたい情報がきちんと伝わり、相手にも体験したことの面白さがきちんと伝わってくれるのです。

 

面白いことを経験したのにイマイチ相手が笑ってくれないという人は、このような感覚を意識した話の内容になるように注意してみるといいでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加