笑いをとる方法、笑いをとるコツ

笑わせる技術向上のために引き出しを増やす

スポンサーリンク

笑わせる技術に磨きをかけるためには、引き出しを増やさなくてはいけません。

 

絶対に自信のあるネタをひとつ仕込んでおくことでも笑いを取ることはできますが、しつこいと飽きられますし、嫌われてしまいます。

 

一発ギャグからトークまで、いろいろなネタの引き出しがあったほうが見たり聞いたりする人を楽しませることができる可能性が高まります。


一発ギャグで笑い取るのももちろん高度な笑わせる技術が必要なのですが、トークで笑いを取るのも簡単ではありません。

 

何も面白いネタがないという人もいるでしょうが、笑わせる技術を身に付けたいなら面白いことに対して常にアンテナを張り巡らせておくくらいの姿勢が必要です。

 

日常生活の中で得た面白い情報をネタとして披露することができるようになりましょう。

スポンサーリンク

ただ、普段暮らして面白い状況に遭遇するということは、実際にはあまりありません。

 

少し面白いと思ったことをネタとしてそのまま話しても、笑いを取ることができない場合は少なくないのです。

 

大体はなんとなく物足りない話になってしまうことになります。


このような場合、面白い経験のない人は笑いを取ることが不可能なのかと思うかもしれませんが、笑わせる技術がないわけではありません。

 

少し物足りないと感じている部分を埋めてあげる作業をすればいいのです。

 

具体的にいうと、少し話を盛ってあげることで、面白いネタに様変わりすることがあるのです。

 

嘘をいわなくてはならないというわけではありませんが、多少大袈裟に話をするくらいで笑いに繋がることは少なくないので、やってみるといいでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加