笑いをとる方法、笑いをとるコツ

ガヤ芸人を見習って笑わせる技術

スポンサーリンク

笑わせる技術のひとつとしてはガヤがあります。

 

テレビ番組でもガヤが取り上げられるなど、このところはスポットを浴びている笑わせる技術なのです。

 

では、どのようなときに使えるのか、どんな使い方があるのか迫っていくことにしましょう。


まず、いわれて少し恥ずかしいと思われることをいうのが面白いでしょう。

 

たとえば営業成績トップを狙っていた人が4位や5位などで終わってしまったとします。

 

このとき宴会などでその人が何かネタを披露することになったり、歌を歌ったりするときに「よっ!営業成績4位!」などというのです。

 

いわれる人に冗談が通じるようであればいわれた本人も「チョット〜!」となって、笑いが生まれることでしょう。

スポンサーリンク

このほかには、誰かが何かやるときに「よっ!○○」というパターンもあるでしょう。

 

大体はメガネをかけているなど、特徴をいうのが定番となっています。

 

ただ、その人がコンプレックスに感じていることをいうと傷付けてしまいますので、当たり障りのない特徴をいうのが無難です。

 

「よっ!○○」は単に名前や役職をいうだけでも効果があります。


また、誰かが何かを披露してスベッたときのフォローにもガヤは使えるのです。

 

ネタなどをやったこと自体を褒め称えるようなフレーズを簡単にいうと、良いフォローになります。

 

様々な場面でこの笑わせる技術を利用することができますので、プロのお笑い芸人のようにとまではいかなくても、テクニックを磨くと自分の株も上がるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加