笑いをとる方法、笑いをとるコツ

ボケて笑わせる技術

スポンサーリンク

笑いを意図的に生み出すためには、相応の笑わせる技術がなくてはいけません。

 

人によっては上手くボケて笑いを取りたいという人もいるでしょうが、これはけっこう笑わせる技術としては難易度が高いです。


ボケるときに最も基本といえるのが、意外なことを喋るということです。

 

会話の中で相手に「は?」と思わせてそのあと笑いが起こる、突っ込まれて笑いが起こるというのが理想的ですね。

 

ただ、この意外なことを喋るというのはワードセンスが問われるところです。

 

この言葉選びが難しいことから、一般の人がボケて笑わせるというのができないのです。

スポンサーリンク

また、意外性を狙い過ぎてあまりにもおかしいことをいうと逆に相手に引かれる、スベッてしまうことに繋がってしまいます。

 

もしスベッたと思ったらフォローを入れて悪印象を持たれないようにしたいところです。

 

会話の中でボケて失敗したら、お笑い芸人のようなフォローをするというより、普通に謝ったほうがいいですね。

 

自分で自分に突っ込むという手段もありますが、これは笑わせる技術がないと余計に場の空気を悪くしてしまうので、一般の人向きではありません。


ボケて意図的に笑いを起こすことができるようになるには、何度もめげずにチャレンジするしかありません。

 

失敗を恐れずにチャレンジしていくと1回くらいは上手くいくことがあるでしょう。

 

このときの場の空気やボケたタイミング、いった言葉を覚えておくことが大切です。

 

これを積み重ねていくことによって、徐々に上手くボケるための笑わせる技術が磨かれていくでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加